7月17日17時~22時までレストラン 『ジート』貸切になります

いつも日本ウクライナ文化協会の活動にご理解、ご協力をいただき、大変ありがとうございます。 7月17日(水曜日)、17時から22時までのディナーの部は、ウクライナ料理レストラン 『ジート』 ”Жито”が貸切になりますのでお知らせします。 当日、ランチ(11:00~14:30)は通常営業です。 なにとぞご理解いただきますよう、よろしくお願いします。

7月20日 16時より、スタンディングデモと募金活動を行います‼︎

7月20日(土) 16時より、Peace for Ukraine さん主催のスタンディングおよび人道支援募金が行われます。 20〜30分でも結構です。無関心でない方、ぜひともお立ち寄りいただきますよう、ご協力のほど、お願い申し上げます。 場所: 久屋大通公園(テレビ塔より少し南側) ロシア軍の即時撤退を求めてスタンディングと人道支援募金を行います。戦争は終わっていません。NO WAR🇺🇦 皆さん、1時間のスタンディングにご参加ください! […]

【支援報告】フメルニツキー州の学校の子どもたちのためにシェルター用テレビを購入できました

このたび、ヨコスカ平和美術展実行委員会 様より、ウクライナ人道支援金112,531円をいただきました。 2022年2月24日にロシア軍による本格的なウクライナ侵攻が始まって以来、ウクライナでは2年以上にわたり血なまぐさい戦争が続けられています。残念ながら、軍隊だけでなく、子どもたちを含む民間人も戦争によって命を落とし、苦しんでいます。 戦争の最中でも、ウクライナの子どもたちは学校に通い、教育を受け続けています。しかし、空襲の際にはシェルターに身を隠さなくてはいけません。こうした避難所での時間を少しでもくつろげるように、また、ミサイル飛来によるストレスを少しでも和らげられるようにと、日本ウクライナ文化協会では、ウクライナのフメルニツキー州にある学校にテレビを購入するためにいただいた人道支援金を送らせていただきました。 ПРОЛІСОК-БЕРДЯНСЬК プロリソク・ベルディアンスク公共協会に112,311円を送金し、この寄付金は、フメルニツキー州カミャネツ・ポディルスキー市の学校のためにSHARPテレビを購入するために使われました。そして、そのテレビに加えて、テレビマウントとサージプロテクターも購入されました。 プロリソク・ベルディアンスク公共協会から提供された写真レポートでは、空襲の最中、学生たちが避難所の新しいテレビでウクライナのアニメを熱心に見ている様子が写っています。学校の教職員を代表してヨコスカ平和美術展実行委員会に感謝の言葉を送ります。 東海地方のウクライナ人コミュニティを束ねる日本ウクライナ文化協会は、この困難な戦時下においてウクライナの子供たちのために人道支援金をしてくださった委員会様に心より感謝を申し上げます。 「ヨコスカ平和美術展」のさらなるご成功をお祈り申し上げます。 #ウクライナに平和を #日本ウクライナ文化協会 […]